福島県ご当地メニュー【こづゆ】

内容
福島県会津地方の郷土料理です。江戸時代後期から明治時代初期にかけて会津藩の武家料理や庶民のごちそうとして広まり、現在でもお祝いの席では必ず振る舞われます。
交通が現在ほど便利ではなかった時代、会津地方は内陸地であることからお祝いの席に新鮮な魚介類を用意することが困難でした。その際に乾物を材料としたこづゆがお祝いの料理として作られたのがはじまりと言われています。
備考
⇒レシピはこちら!